マンション管理の基本ルール

ホームマンションにまつわる予備知識マンション管理の基本ルール

マンション管理の基本ルール

区分所有法と管理規約

管理をするということは,基本的なルールを作り,各区分所有者がこれを守ることを意味します。

マンションのルールには,法律で定められている区分所有法と各マンションの自主的なルールである管理規約があります。二つの関係は,マンションに関する憲法と法律のような関係にあります。区分所有法がマンションに関する憲法として最低限のルールと指針を示し,そのルールの範囲内で管理規約が作成されます。

 

皆さんのマンションに管理規約はありますでしょうか。

 

 

管理規約の意義

管理規約の作成は法律上義務付けられておりません。そのため,管理組合によっては管理規約がないというところもあるかもしれません。その場合には,速やかに管理規約を作成することをお勧めします。というのも,区分所有法は最低限のルールが示されたものですから,それだけでは具体的なルールとしては明らかに足りないのです。

後述するようなトラブルに対応するためにも管理規約の存在は必須です。

また,すでに管理規約が作成されているという場合にも,マンションに関するトラブルも日々新しい問題が出てきていますので,内容を見直し,必要に応じて管理規約を時代に,あるいは当該区分所有マンションの実情に合わせる必要があります。

実際に管理規約を変更するとなると,現行の管理規約の問題点の洗い出し,素案の作成,総会決議といったことが必要となり,管理組合の方々のみでは大変な作業になります(管理業者の業務内容には通常含まれません)。

 

 

お問い合わせ