競売不動産の基礎知識

ホーム競売不動産の基礎知識

競売不動産の基礎知識

競売不動産とは

不動産競売(きょうばい・けいばい)とは、
債務者がお金の返済ができない場合に、債務者にお金を貸している債権者が債権の回収を図るために強制的に債務者の所有する不動産をお金に換えていく作業です。
具体的には、
①差押え(債務者の物として固定する)
②換価(売却してお金に換える)
③配当(債権者に分配する)
という手続きの流れになります。

他方で、区分所有マンションに特有な競売として、区分所有法59条に基づく競売もあります。これは、債権者の満足という一般的な競売と異なり、区分所有マンションの共同の利益に反する区分所有者らを追い出すというところに主眼があります。

前段の一般的な競売手続きについては基礎編で、
後段の区分所有マンション特有の競売については応用編で、
それぞれ解説します。
お問い合わせ